中央競馬:ニュース中央競馬

2017.8.27 15:51

【新潟2歳S】フロンティアが先行押し切る!(1/2ページ)

外から脚を伸ばして世代初のマイル重賞を制したフロンティア(手前)

外から脚を伸ばして世代初のマイル重賞を制したフロンティア(手前)【拡大】

 8月27日の新潟11Rで行われた第37回新潟2歳ステークス(2歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、馬齢、15頭立て、1着賞金=3100万円)は、岩田康誠騎手騎乗の3番人気フロンティア(牡、栗東・中内田充厩舎)が好位から抜け出して重賞初制覇。タイムは1分34秒6(良)。好スタートを切ったフロンティアは一旦は先頭に立つ形。途中からマイネルサイレーンが、3コーナーではコーディエライトがハナを奪うめまぐるしい展開で直線へ。最内にテンクウ、その外にコーディエライト、さらに外からフロンティアが脚を伸ばして世代初のマイル重賞を制した。

 3/4馬身差の2着には粘り込んだコーディエライト(5番人気)、さらにアタマ差遅れた3着に好位追走から最内を伸びたテンクウ(2番人気)。1番人気のムスコローソは後方追走から伸びを欠き、12着に敗れた。

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!

【続きを読む】

関連

  • 外から脚を伸ばして世代初のマイル重賞を制したフロンティア
  • 新潟2歳ステークスの直線の攻防
  • 新潟2歳ステークスを制したフロンティア
  • 新潟2歳ステークスをフロンティアで制した岩田康誠騎手(左)と中内田充正調教師