中央競馬:ニュース中央競馬

2017.8.27 15:43

【キーンランドC】9歳馬エポワスが重賞初V!(1/2ページ)

クリストフ・ルメール騎手に導かれて重賞初制覇を果たしたエポワス

クリストフ・ルメール騎手に導かれて重賞初制覇を果たしたエポワス【拡大】

 8月27日の札幌11Rで行われたサマースプリントシリーズ(全6戦)の第5戦、第12回キーンランドカップ(3歳以上オープン、GIII、芝1200メートル、別定、13頭立て、1着賞金=4100万円)は、12番人気の9歳馬エポワス(セン馬、美浦・藤沢和雄厩舎)がクリストフ・ルメール騎手に導かれて重賞初制覇を果たした。タイムは1分9秒0(良)。優先出走権を獲得したスプリンターズSには向かわず、今回と同じ洋芝の暮れの阪神カップに目標を定める。9歳馬による平地重賞勝利は、10歳馬(2008年小倉大賞典のアサカディフィート、12年ステイヤーズSのトウカイトリック)に次ぐ高齢記録。

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!

【続きを読む】

関連

  • エポワスを勝利に導き喜びの表情を見せるクリストフ・ルメール騎手
  • クリストフ・ルメール騎手と表彰式プレゼンターの田中理恵さん
  • エポワスを管理する藤沢和雄調教師