中央競馬:ニュース中央競馬

2017.8.20 15:52

【札幌記念】遅咲きの6歳馬サクラアンプルールが重賞初V

大外から一頭違う脚いろで突き抜けたサクラアンプルール。遅咲きの6歳馬が重賞初制覇を飾った

大外から一頭違う脚いろで突き抜けたサクラアンプルール。遅咲きの6歳馬が重賞初制覇を飾った【拡大】

 8月20日の札幌11Rで行われたサマー2000シリーズ(全5戦)の第4戦、第53回札幌記念(3歳以上オープン、GII、芝2000メートル、定量、13頭立て、1着賞金=7000万円)は、蛯名正義騎手騎乗の6番人気サクラアンプルール(牡6歳、美浦・金成貴史厩舎)が初重賞制覇。タイムは2分0秒4(良)。ロードヴァンドールが引っ張る平均ペースをサクラアンプルールは中団で追走。直線ではエアスピネル、ヤマカツエースの人気どころが前をうかがうが、大外から一頭だけ違う脚いろでサクラアンプルールが突き抜け、さらに外から追い込んできたナリタハリケーン(12番人気)の追撃をクビ差押さえて初タイトルを手にした。2着からさらに1馬身半差遅れた3着にはヤマカツエース(1番人気)。

 札幌記念を勝ったサクラアンプルールは、父キングカメハメハ、母サクラメガ、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道新ひだか町・谷岡スタットの生産馬で、馬主は(株)さくらコマース。通算成績は20戦6勝。重賞初制覇。札幌記念は金成貴史調教師は初優勝、蛯名正義騎手は2001年エアエミネムに次いで2勝目。

 ◆蛯名正義騎手(1着 サクラアンプルール)「前回は久しぶりでおとなしすぎたけど、きょうは返し馬から気合が入り、一変していると思った。いい枠なので、ジワーッと行ければと。4コーナーを手応え十分に回って、一気に加速してくれた。早めに動いたぶん、馬が遊んでいたけど、なんとかしのいでほしいと一生懸命に追った」

★20日札幌11R「札幌記念」の着順&払戻金はこちら

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!
★ZBAT!ポイントで「競馬エイト電子版」が買える!

関連

  • 小さくガッツポーズしながら引き揚げてくる馬上の蛯名正義騎手
  • 表彰式後のサクラアンプルール