中央競馬:ニュース中央競馬

2017.8.6 12:54

【2歳新馬】新潟5R オルフェ産駒ロックディスタウンが差し切る

満を持して追い出すと鋭い伸び脚を発揮したロックディスタウン。デビューVを決めた

満を持して追い出すと鋭い伸び脚を発揮したロックディスタウン。デビューVを決めた【拡大】

 8月6日の新潟5R・2歳新馬(芝・外1800メートル)は、オルフェーヴル産駒のロックディスタウン(牝、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)がクリストフ・ルメール騎手に導かれて快勝し、単勝1.9倍の圧倒的人気に応えた。タイムは1分50秒4(良)。

 レースはマヤノフロスティが逃げ、タイムフライヤー、シャルドネゴールド、ブリリアントデイズなどとともに先行集団を形成。ロックディスタウンは4~5番手を追走した。直線に向くと、まずシャルドネゴールドが抜け出したが、最内を突いたタイムフライヤーがかわして先頭へ。しかし、前が壁になっていたロックディスタウンが外に持ち出されると、一気に末脚を伸ばして差し切った。2着タイムフライヤー(4番人気)とは3/4馬身差で、さらにクビ差でシャルドネゴールド(2番人気)が3着に入った。

 ロックディスタウンは、父オルフェーヴル、母ストレイトキャット、母の父ストームキャットという血統。半姉タガノエリザベート(父スペシャルウィーク)は2009年ファンタジーSの勝ち馬。また半姉キャットコイン(父ステイゴールド)は15年クイーンC優勝馬。

 ◆クリストフ・ルメール騎手「能力が高いし、とても乗りやすい。直線での反応も早かった。跳びが大きい割に、フットワークが早い。みんな伸びているけど、彼女はもっと強かった。体が大きいし、距離は2000メートルくらいでも問題ないね」

★6日新潟5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!
★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイト電子版」

関連

  • 満を持して追い出すと鋭い伸び脚を発揮したロックディスタウン。デビューVを決めた