中央競馬:ニュース中央競馬

2017.8.2 15:00

【BLOOD】母父カーネギー◎エピカリス不動の軸

母の父に多少速いペースとなっても我慢が利くカーネギーをもつエピカリス

母の父に多少速いペースとなっても我慢が利くカーネギーをもつエピカリス【拡大】

 先週は新潟に遠征。アイビスSDは勝ち馬が無印で歯噛みしたが、やはり遠征競馬は楽しい。

 さて、今週は同じ新潟でレパードSが行われる。注目、というかもうこの馬で仕方ないだろう。もちろん◎エピカリスだ。

 新潟のダートはコーナーがきついので、逃げ馬がビックリするくらいよく残る。相当きついペースに思えても残るくらいだから異常なほどだ。

 エピカリスも能力の違いから、先手を取ればあっさりだろう。ドバイではほぼ勝ったかというところを差し込まれたが、日本では大楽勝続きで、この舞台ならなおさら強そうだ。軽いダート向きのゴールドアリュールが父だが、母父がカーネギーなので、多少速いペースで最後の我慢比べになっても無理が利く要素は十分にある。焦点は海外遠征取消後の状態だけだろうが、出てくるからには問題ないとみてガチガチの軸馬と判断する。

 それだけに、相手はひねりたいところ。抽選待ちの立場ながらイブキはどうか。同じルーラーシップ産駒なら実績からもアディラートのほうが人気を集めそうだが、初ダートが吉と出れば、こちらに妙味。ルーラーシップはキングカメハメハ×トニービン。トニービンの血が濃く出れば別だが、キンカメの血なら初ダートを器用にこなしてもいいはず。前に行ける脚を持っているだけに、うまく砂をかぶらずにいければ面白い。

 タガノディグオはJDDで最先着。人気でもエンパイアメーカー産駒が好走を続けているときは無理に逆らわないほうがいい。▲だ。

 ◇

 小倉記念は代わり映えのしないメンバー。前走は6着でもそれほどタイム差がなく、好調持続と解釈してマーベラスサンデー産駒のタツゴウゲキを本命とする。 (アサカ・リョウ)

★レパードSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
★小倉記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載