木幡親子、JRA史上初ワンツー

2017.6.4 05:00

 3日の東京1Rで、木幡初也騎手(22)=美・鹿戸=が騎乗したオリジナルデザインが勝ち、木幡初広騎手(51)=美・フリー=のマヤノオラティオが2着となり、JRA史上初めて中央競馬所属の親子騎手がワンツーを決めた。初也騎手は初広騎手の長男。なお、JRAのレースでの親子騎手の1、2着は、鮫島良太騎手(30)=栗・フリー=と、佐賀競馬所属の鮫島克也騎手(54)が2014年3月1日小倉2Rなどで5回記録している。

閉じる