中央競馬:ニュース中央競馬

2017.5.21 15:46

【オークス】2歳女王が復権!ソウルスターリングが完勝

直線で抜け出して完勝したソウルスターリング。桜花賞で3着に敗れた雪辱を果たし、樫の女王に輝いた

直線で抜け出して完勝したソウルスターリング。桜花賞で3着に敗れた雪辱を果たし、樫の女王に輝いた【拡大】

 5月21日の東京11Rで行われた第78回オークス(3歳オープン、牝馬、GI、芝2400メートル、定量、18頭立て、1着賞金=1億円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気ソウルスターリング(美浦・藤沢和雄厩舎)が完勝。タイムは2分24秒1(良)。1馬身3/4差の2着には好位から抜けだして直線なかばで一旦は先頭に立ったモズカッチャン(6番人気)、さらに2馬身半離れた3着に外から追い込んだアドマイヤミヤビ(2番人気)。

 好スタートから内枠を利して3、4番手の絶好の位置につけたソウルスターリング。「いい枠だったので、いいポジションを取りたかった。スタートが速い馬で、いいポジションに付けられたし、すぐにリラックスしてくれた。4コーナーから少しペースを上げていって、直線は長くいい脚を使って最後まで頑張ってくれました」。レースをふり返るクリストフ・ルメール騎手は満面の笑み。ウイニングランでは何度も拳を回して、スタンドに投げキッス。ゴーグルを投げ入れて、馬上で喜びを爆発させた。「今日はすごくうれしい。お母さんと一緒にフランスのオークスを勝って、娘のソウルスターリングで日本のオークスを勝てた。GIビクトリーを楽しみたい」。

 ソウルスターリングの母スタセリタは2009年のディアヌ賞(フランスオークス、シャンティイ競馬場、芝2100メートル)をクリストフ・ルメール騎手とのコンビで優勝している。

 この勝利で美浦・藤沢和雄調教師はJRA重賞100勝を達成。史上2人目の記録(もう一人は189勝の尾形藤吉調教師)。

 オークスを勝ったソウルスターリングは、父フランケル、母スタセリタ、母の父モンズンという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は社台レースホース。通算成績は6戦5勝。重賞は2016年阪神ジュベナイルフィリーズ・GI、2017年チューリップ賞・GIIIに次いで3勝目。オークスは、藤沢和雄調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初優勝。

★21日東京11R「オークス」の着順&払戻金はこちら

関連

  • 直線で抜け出して完勝したソウルスターリング。桜花賞で3着に敗れた雪辱を果たし、樫の女王に輝いた
  • 直線で抜け出して完勝したソウルスターリング。桜花賞で3着に敗れた雪辱を果たし、樫の女王に輝いた
  • 直線で抜け出して完勝したソウルスターリング
  • オークスの直線の攻防
  • オークスを制したソウルスターリング。鞍上はクリストフ・ルメール騎手
  • オークスを制したソウルスターリング
  • ファンの祝福の声にガッツポーズでこたえるクリストフ・ルメール騎手
  • 勝利ジョッキーインタビューで満面の笑みを見せるクリストフ・ルメール騎手
  • 表彰式後の勝利ジョッキーインタビューに向かう途中、ファンの祝福の声にこたえるクリストフ・ルメール騎手