中央競馬:ニュース中央競馬

2017.5.15 05:05

【ヴィクトリアM】3人そろってGI制覇11度目

アドマイヤリードに騎乗したC.ルメール騎手(右)須貝尚介調教師(左)中央は、近藤利一オーナー=東京競馬場(撮影・塩浦孝明)

アドマイヤリードに騎乗したC.ルメール騎手(右)須貝尚介調教師(左)中央は、近藤利一オーナー=東京競馬場(撮影・塩浦孝明)【拡大】

  第12回ヴィクトリアマイル(14日、東京11R、GI、4歳上牝馬オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金9300万円=出走17頭)クリストフ・ルメール騎乗で6番人気のアドマイヤリードが残り1ハロンで抜け出して快勝。初の重賞勝ちをGIの大舞台で成し遂げた。波乱の結末となったが、アドマイヤリードの近藤利一オーナー(74)=合建(株)会長=は、会心の笑顔で胸を張った。「今日は自信があった。馬がしっかりしてデキが良く、抜け出したときには“ヨシッ”てな。オッズが低すぎて不満やった。人気のなさは君らのせいや」と報道陣に“不満”をチクリ。

 国内でのGI制覇は、アドマイヤジュピタでの天皇賞・春以来9年ぶりとなる。くしくも須貝調教師、ルメール騎手と同じ11度目のJRA・GI制覇だが、「来週の方が緊張するよ」とアドマイヤミヤビで臨むオークスでの2週連続Vも意識していた。

 ノーザンファーム早来で牝馬の育成を担当する日下和博主任(45)も、「(同世代の)シンハライト、ヴィブロスにも動きは引けをとらなかった。能力はこの世代でも抜けていた」と笑みを浮かべていた。

★14日東京11R「ヴィクトリアマイル」の着順&払戻金はこちら

★地方競馬を徹底フォロー!全レースパドック診断&PDF馬柱を無料大公開
★「ZBAT!競馬オープン」記念! 5・26大手町ダービー予想ナイト開催