中央競馬:ニュース中央競馬

2017.5.1 18:59

【新潟大賞典】レース展望(1/3ページ)

アメジストSを勝ってOP入りを果たしたメートルダール。重賞実績十分、ハンデも55キロなら、重賞初制覇を成し遂げても不思議はない

アメジストSを勝ってOP入りを果たしたメートルダール。重賞実績十分、ハンデも55キロなら、重賞初制覇を成し遂げても不思議はない【拡大】

 新潟2週目の日曜メインは第39回新潟大賞典(7日、GIII、2000メートル)。ハンデ戦だけに波乱が目立ち、過去10年で1番人気は勝利がなく、2着が2回あるのみ。今年も混戦模様で、そのぶん、馬券の妙味はたっぷりある。

 メートルダール(美浦・戸田博文厩舎、牡4歳)は前走のアメジストSを勝ってようやくオープン入りしたが、3歳時には京成杯と共同通信杯でともに3着と好走。特に共同通信杯では勝ったディーマジェスティ(続く皐月賞でV)にコンマ3秒差まで詰め寄っている。新潟は未経験だが、左回りの東京で3勝しており、直線が平坦で惰性をつけて末脚を伸ばせるコースは脚質的にも合うはず。ハンデ55キロも想定内で、重賞初制覇を成し遂げても不思議はない。今回は浜中俊騎手との初コンビで挑む。

★地方競馬を徹底フォロー!全レースパドック診断&PDF馬柱を無料大公開
★「ZBAT!競馬オープン」記念! 5・26大手町ダービー予想ナイト開催

【続きを読む】