中央競馬:ニュース中央競馬

2017.4.30 19:59

【みんなの反省会】3200メートルならキタサンブラック(1/3ページ)

天皇賞・春連覇を果たしたキタサンブラック。鞍上の武豊騎手もガッツポーズ

天皇賞・春連覇を果たしたキタサンブラック。鞍上の武豊騎手もガッツポーズ【拡大】

デスク 2強による古馬の頂上決戦は、キタサンブラックが制し、サトノダイヤモンドは3着でした。2着はシュヴァルグラン。3連単を◎→○→△△で仕留めた関西競馬エイトの藤岡敬司トラックマン(TM)にレースを振り返ってもらいましょう。まずはキタサンブラック。勝利に導いた武豊騎手は「ペースが落ちず、全馬にとってタフなレースになりました」と語っていました。

藤岡敬司TM ヤマカツライデンがビュンビュンと飛ばして、全体的にペースが速かったですね。メンバーにとってきつい流れになったことは確かです。

デスク キタサンブラックが2番手につけたのは、ほぼ予想通りでしたか。

藤岡TM そうですね。2、3番手と思っていました。ヤマカツライデンのペースに惑わされず、自分のリズムで走れていましたね。

デスク 武豊騎手は天皇賞・春で8度目の優勝で、JRAで同一GI・8勝は史上初めて。レジェンドの騎手で、勝ち方を知っているといえば、それまでですけど。

藤岡TM キタサンブラックに何度も乗って分かっていますから、持ち味を生かしたレースでした。ヤマカツライデンがバテたことで、(4コーナー手前で)早めに先頭に立つ形にはなりましたが、やはり心肺機能が強いですよね。

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」
★「ZBAT!競馬オープン」記念! 5・26大手町ダービー予想ナイト開催

【続きを読む】