中央競馬:ニュース中央競馬

2017.4.17 16:07

【リレーコラム】大阪サンスポ

 牡牝のクラシック開幕戦が終わった。9日の桜花賞は8番人気のレーヌミノルが“桜冠”を手にし、16日の皐月賞は9番人気のアルアインが1冠を奪取した。

 桜花賞は断然人気のソウルスターリングが3着に終わり、2着が3番人気のリスグラシューで馬連1万7000円、馬単4万5330円の高配当。皐月賞は単勝2.4倍の高い支持を受けた牝馬のファンディーナが7着と馬群に沈み、2着が4番人気のペルシアンナイトで馬連8710円、馬単は2万720円。3着は12番人気のダンピュライトで、3連単は100万円超えの大波乱だった。

 この後に続く、オークス、日本ダービーはどうなるのか。話題を集めたソウルスターリング、ファンディーナが反撃するのか、それとも敗れた他の実力馬が巻き返すのか。当然、レーヌミノル、アルアインも目を離せない。ただ、これまでの流れを見ると、オークスもダービーも、何か波乱を予感させることは否定できないだろう。そういう意味でも、新戦力がまだ出てきそうであり、今週のオークストライアル・サンケイスポーツ賞フローラSや次週のダービートライアル・青葉賞は、より注目したい。

★地方競馬を徹底フォロー!全レースパドック診断&PDF馬柱を無料大公開

森本昭夫(もりもと・あきお)大阪サンスポ記者 

展開

穴予想

馬連・3連単

プロフィル

競馬歴40年超を誇るサンスポ大阪のベテラン。今でも若手に勝るとも劣らないフットワークで栗東トレセンを取材しつくし、ついたアダ名が“栗東のリプケン”。競馬とゴルフをこよなく愛するナイスガイ。競馬好きの口の悪い友人がいる。愛称もーやん、もーさん。

予想スタイル

調教、取材(コメント)、展開、血統、当然、過去の戦歴などを総合して判断。その中でどれを重視するかは、それぞれのレースによって違う。穴馬を狙う場合は展開重視が多い。