中央競馬:ニュース中央競馬

2017.3.21 05:05

【フラワーC】怪物娘誕生!ファンディーナぶっちぎりV3(3/3ページ)

直線はファンディーナ(左)の独壇場。ほぼ馬なりで5馬身差をつけた(撮影・奈良武)

直線はファンディーナ(左)の独壇場。ほぼ馬なりで5馬身差をつけた(撮影・奈良武)【拡大】

 フラワーCの優勝馬として単勝支持率60・2%は、2004年の桜花賞馬ダンスインザムードの65・1%に次ぎ、05年のオークス馬シーザリオの59・5%を上回った。のちにクラシックを制した名牝2頭に割って入る数字が、さらに大きな飛躍を予感させる。

 高野調教師は「輸送は思ったよりスムーズだったし、テンションやカイ食いも問題なかった。それが一番の収穫です」と安堵(あんど)の表情。今後については「馬の状態を見てから」と明言を避けたが、早くから期待が高く、日本ダービー(5月28日)のクラシック登録も済ませてある。桜花賞を2勝しているジョッキーが「(距離の短縮にも延長にも)どっちでも対応できる」と太鼓判を押すように、どこに駒を進めても主役になることは間違いない。

 タイ語で「良い夢を」と名付けられたファンディーナが夢見る先には、輝かしい飛躍のステージが待っている。 (藤沢三毅)

★20日中山11R「フラワーカップ」の着順&払戻金はこちら