【フラワーC】シーズララバイ、上がり最速タイ2着確保

2017.3.21 05:04

 第31回フラワーカップ(20日、中山11R、GIII、3歳牝馬オープン国際(特指)、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金3500万円 =出走13頭)8番人気シーズララバイが2着。勝ち馬と同じ最速の上がり3ハロン34秒9の末脚で、ゴール寸前に3着馬をクビ差かわした。「すごく雰囲気が良くなっている。体がもうちょっと、しっかりしてくればね」と柴田善騎手は、課題を挙げつつも、成長を実感した様子。竹内調教師も「まだ素質だけで走っている。体がある子じゃないし、今回もギリギリの仕上げ。でも頑張ってくれた」と健闘をたたえた。桜花賞には向かわず、次走は未定。

★20日中山11R「フラワーカップ」の着順&払戻金はこちら

閉じる