中央競馬:ニュース中央競馬

2017.3.20 15:53

【フラワーC】ファンディーナが楽勝でクラシックへ名乗り(1/2ページ)

単勝1.3倍の断然人気に応えて楽勝し、重賞初制覇を果たしたファンディーナ

単勝1.3倍の断然人気に応えて楽勝し、重賞初制覇を果たしたファンディーナ【拡大】

 3月20日の中山11Rで行われた第31回フラワーカップ(3歳オープン、牝馬、GIII、芝・内1800メートル、別定、13頭立て、1着賞金=3500万円)は、岩田康誠騎手騎乗のファンディーナ(栗東・高野友和厩舎)が単勝1.3倍の断然の人気に応えて楽勝し、重賞初制覇を果たした。デビューから無傷の3連勝。陣営は次走について明言していないが、クラシックに出走すれば有力候補となる。

 タイム1分48秒7(良)は、2006年にキストゥヘヴンがマークした1分48秒9(良)を0秒2更新するレースレコード(11年にトレンドハンターがマークした1分47秒0は阪神競馬場での開催だったため参考記録)。また、2着シーズララバイとの着差は5馬身で、1990年にユキノサンライズが2着ヤマタケサリーにつけた3馬身1/2差を更新する最大着差での勝利となった。

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」
  関東本紙予想、2年連続で専門紙収支ランキング1位!

【続きを読む】

関連

  • 単勝1.3倍の断然人気に応えて楽勝し、重賞初制覇を果たしたファンディーナ
  • フラワーカップの直線の攻防
  • フラワーカップを制したファンディーナ。鞍上は岩田康誠騎手
  • フラワーカップを制したファンディーナ