中央競馬:ニュース中央競馬

2017.3.20 04:04

【阪神大賞典】ダイヤの里見オーナー「想像以上に強かった」

 第65回阪神大賞典(19日、阪神11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内3000メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・春の優先出走権=出走10頭)阪神競馬場で観戦した里見治オーナー(75)は、GI馬2頭を送り出した東西メインの重賞に一喜一憂だった。阪神大賞典を勝ったダイヤモンドについては「想像以上に強かったね。これで天皇賞・春を勝ってくれたら文句なし。その後は宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)を含めて、馬の状態を見ながら考えていきたい」と満足げ。一方で、フジテレビ賞スプリングS4着のアレスについては「スタート後につまずいたり、道中でぶつけられたりね。力負けじゃない。本番はやってくれるでしょう」と巻き返しに意欲を見せていた。

★19日阪神11R「阪神大賞典」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」
  今週は土・日・月の3日間開催!