中央競馬:ニュース中央競馬

2017.3.15 05:05

藤田氏、騎手復帰プラン認めた!「恩返しのため」

 サンケイスポーツの取材で、ホッカイドウ競馬での騎手復帰を目指す意向が明らかになった元JRA騎手の藤田伸二氏(45)が14日、オフィシャルサイトを更新。「このプランを考えていたことは事実」と報道内容をおおむね認めた。

 復帰を考えた理由として「ファンの方への恩返し」とともに、「生まれ育った北海道にも恩返しをと常に考えている」と説明。地方競馬での復帰は「あくまでもプランの一つ」「いろいろなハードルはある」と慎重な言い回しで、道営の現役騎手に配慮する言葉もつづったが、「やるからには全力でやりたいと思ってるし、体力的にはジムでキッチリ仕上げてるから、復帰にあたって大きな障害ではない」と合格への自信も見せた。

 コメントの最後は「もし騎手として復帰できたあかつきには、みんな応援してくれたらよろしいやん!」と“藤田節”の締めくくり。前向きな姿勢をアピールした。

 ホッカイドウ競馬を主催する北海道軽種馬振興公社も、「所定の手続きを踏んで受験されれば、拒絶する理由はありません」として、規約に則して免許を取得すれば復帰に問題はないという見解を示している。

 昨年のケースに当てはめると、最終試験に合格すれば、12月1日付で地方競馬の騎手免許が交付される。男・藤田の復帰が現実味を帯びてきた。