中央競馬:ニュース中央競馬

2017.3.4 15:52

【オーシャンS】メラグラーナが重賞初VでGI切符を獲得(2/2ページ)

直線で豪快に差し切り、重賞初制覇を飾ったメラグラーナ

直線で豪快に差し切り、重賞初制覇を飾ったメラグラーナ【拡大】

 各馬そろったスタートから、ハナを奪ったのはウインムートで、トウショウピスト、レッドアリオンが続く展開。中団の外を進んでいたメラグラーナは、直線に向いて満を持して追い出されるとグングンと脚を伸ばし、激しい2着争いを尻目にトップでゴールを駆け抜けた。前走のラピスラズリSに続く連勝。4番手から最内を突いたナックビーナス、中団から伸びたクリスマスがそれぞれ2、3着に入り、さらにハナ差でブレイブスマッシュ(2番人気)が続いた。

 メラグラーナは、父ファストネットロック、母ガリア、母の父シークレットセイヴィングスという血統。豪州産で、馬主は吉田和美氏。通算成績は15戦7勝。オーシャンSは、池添学調教師は初勝利。戸崎圭太騎手は2015年サクラゴスペルに次いで2勝目。

 ◆戸崎圭太騎手「前走が強い勝ち方でしたし、自信を持って臨みました。(2カ月半ぶりの騎乗で)成長を感じましたね。賢い馬でどんな競馬でもできるし、能力もある。1200メートルで強いし、(高松宮記念が)楽しみです」

★4日中山11R「夕刊フジ賞オーシャンステークス」の着順&払戻金はこちら

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」
  中山・阪神・小倉の全36レース完全掲載!

関連

  • 直線で豪快に差し切り、重賞初制覇を飾ったメラグラーナ
  • 夕刊フジ賞オーシャンSの直線の攻防
  • 夕刊フジ賞オーシャンSを制したメラグラーナ。鞍上は戸崎圭太騎手