中央競馬:ニュース中央競馬

2017.2.26 14:52

【すみれS】クリンチャーが好位抜け出しで4馬身差完勝

直線で早めに先頭に立つと、力強く脚を伸ばして完勝したクリンチャー

直線で早めに先頭に立つと、力強く脚を伸ばして完勝したクリンチャー【拡大】

 2月26日の阪神9R・すみれS(3歳オープン、芝2200メートル、別定)は、藤岡佑介騎手騎乗の5番人気クリンチャー(牡、栗東・宮本博厩舎)が、2着タガノアシュラ(4番人気)に4馬身差をつけて完勝した。タイムは2分14秒1(良)。さらに1馬身1/4差の3着にキセキ(1番人気)が入った。 

 クリンチャーは好スタートを切った後、内の3番手に控え、3~4コーナーで2番手に進出。直線で早めに先頭に立つと、力強く脚を伸ばして後続を突き放した。

 クリンチャーは、父ディープスカイ、母ザフェイツ、母の父ブライアンズタイムという血統。

 ◆藤岡佑介騎手「すごく雰囲気がよかったんです。何が何でもハナへというレースではなく、控える競馬も考えていました。初めての形でしたけど我慢が利いていましたし、早めに仕掛けても最後まで止まりませんでした。強かったですね」

★26日阪神9R「すみれステークス」の着順&払戻金はこちら

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」
  中山・阪神・小倉の全36レース完全掲載!