中央競馬:ニュース中央競馬

2017.2.15 05:02

【沢田康文の欧州リポート】王者ソロウの復帰心待ち(1/2ページ)

故障のため、昨年3月から約1年間戦列を離れているソロウ

故障のため、昨年3月から約1年間戦列を離れているソロウ【拡大】

 現役の欧州調教馬の中で指折りの存在がフランスのソロウだ。かつての名騎手だったフレディ・ヘッド調教師が管理する芦毛の7歳セン馬で、通算18戦13勝。主な勝ち鞍に2015年のドバイターフ、イスパーン賞、クイーンアンS、サセックスS、クイーンエリザベス2世Sがある。故障のため、昨年3月から約1年間戦列を離れているが、これら5つのGI勝利を含めて目下10連勝中。今春の復帰が待たれる注目の存在だ。

【続きを読む】