中央競馬:ニュース中央競馬

2017.2.15 16:00

【BLOOD】府中で光る屈指の末脚サウンド妙味

現役屈指の末脚を持つサウンドトゥルー。確実にこの舞台に向く

現役屈指の末脚を持つサウンドトゥルー。確実にこの舞台に向く【拡大】

★フェブラリーS

 先週の共同通信杯は、ハーツクライのすごみがよく出た競馬だった。ディープ産駒はよく走るが、すごみのある産駒を出す点ではハーツに譲ると思っている。となると、スワーヴリチャードを東スポ杯で負かしたバトルプラン産駒=ブレスジャーニーがこの春どうなのか、楽しみもある。

 さて今週は砂のGIフェブラリーS。今年からGIが2つ増え、そのうち毎週GIになるんじゃないかとの思いも拭えないが、その話はまた別の機会に。本命はサウンドトゥルーとする。

 芝スタートを嫌ってきたが、7歳にしてこのレース初参戦。血統的には父がフレンチデピュティ、母父がフジキセキと、どちらも芝、ダート兼用種牡馬といえるので適性はありそうだが、やはり東京ダ1600メートルの過去成績を見ると不安になるのもわかる。加えて今回は乗り慣れた大野騎手が騎乗停止で乗り替わりとなり、痛い要素は多いが、現役屈指の末脚は確実にこの舞台に向く。さまざまな不安要素で人気を下げるなら、むしろおいしいとみたい。

 相手は前哨戦の根岸Sを勝ったカフジテイク。こちらも鋭い差し脚が武器で、チャンピオンズCでも勝ったサウンドを追うように伸びてきた。前走のレースぶりからも充実一途は明らかだが、プリサイスエンド産駒に二番が利くかどうか。この馬自身、3歳2月の未勝利→500万下以来、連勝はない。勢いはあっても2番手評価とせざるを得ない。

 前哨戦で敗れたニシケンモノノフ、アスカノロマンの見直しも推奨したい。前者は甘くみると痛い目に遭うメイショウボーラー産駒。後者は先手を取れずに不完全燃焼に終わった前走だったが、アグネスデジタル産駒は自分の型に持ち込めば力を発揮する。(アサカ・リョウ)

★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載