中央競馬:ニュース中央競馬

2017.2.14 11:29

【フェブラリーS】レース展望(4/4ページ)

4コーナー後方2番手から直線一気の内容で根岸Sを制したカフジテイク。本格化を遂げた今なら、並み居るGIホースが相手でもチャンスは十分だ

4コーナー後方2番手から直線一気の内容で根岸Sを制したカフジテイク。本格化を遂げた今なら、並み居るGIホースが相手でもチャンスは十分だ【拡大】

 アスカノロマン(栗東・川村禎彦厩舎、牡6歳)は昨年の3着馬。前走の東海Sは前に行けず8着だったが、本来の先行策が取れれば、上位争いが可能だろう。

 ジャパンダートダービー2着馬で、交流重賞3勝のケイティブレイブ(栗東・目野哲也厩舎、牡4歳)も争覇圏内。初ダートの交流GI・JBCレディスクラシックで2着に入った2年前の桜花賞馬レッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎、牝5歳)は、京都牝馬Sとの両にらみだが、出走してくれば当然、目配りする必要がある。

 JBCレディスクラシックでレッツゴードンキを下して連覇を飾ったホワイトフーガ(美浦・高木登厩舎、牝5歳)も潜在能力は牡馬に負けないものがある。初ダートだが、長期休養明けを2戦して状態アップが見込めるデニムアンドルビー(栗東・角居勝彦厩舎、牝7歳)も、ジャパンC、宝塚記念で2着がある実績馬。道悪で走りやすい馬場になれば、浮上の余地があるかもしれない。

★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載