中央競馬:ニュース中央競馬

2017.2.14 11:29

【フェブラリーS】レース展望(2/4ページ)

4コーナー後方2番手から直線一気の内容で根岸Sを制したカフジテイク。本格化を遂げた今なら、並み居るGIホースが相手でもチャンスは十分だ

4コーナー後方2番手から直線一気の内容で根岸Sを制したカフジテイク。本格化を遂げた今なら、並み居るGIホースが相手でもチャンスは十分だ【拡大】

 昨年、1分34秒0のコースレコード(当時)でGI初Vを飾ったモーニン(栗東・石坂正厩舎、牡5歳)は、その後4戦して未勝利だが、馬体減で初参戦だった地方の馬場、59キロの斤量など、明確な敗因がある。前走のチャンピオンズCも7着だったが、道中ポジションを下げる場面がありながらも盛り返し、勝ったサウンドトゥルーから0秒5差なら悲観する内容ではない。短期免許で来日中のライアン・ムーア騎手と新コンビを組む点も大きな魅力。史上2頭目の連覇を成し遂げても不思議はない。

 GI・8勝と実績最上位のコパノリッキー(栗東・村山明厩舎、牡7歳)は2014、15年に初の連覇を果たしたが、近況が振るわない。昨年は7着に敗退後、かしわ記念→帝王賞→マイルチャンピオンシップ南部杯と交流GIを3連勝して健在をアピールしたが、JBCクラシック5着、チャンピオンズC13着、東京大賞典5着と低迷。だが、このレースで歴代最多の4勝を挙げている武豊騎手とのコンビ復活が起爆剤になる可能性はあり、まだ見限れない。

【続きを読む】