【根岸S】コーリンベリー気配絶好!ラスト1F12秒1

2017.1.25 11:51

 一昨年のJBCスプリント馬コーリンベリーが、巻き返しに向けて美浦Dコースで快走を披露した。

 横山和騎手(レースは松山騎手)を背に、5Fからサマーラヴを3馬身追走。ゆったりした流れから徐々に差を詰め、ラスト1Fからグンとスパート。12秒1と切れ味抜群の走りで、僚馬を2馬身半突き放した。先週18日にもDコースで5F64秒2をマークしており、攻め気配は絶好だ。

 「テンションが上がっていないし、柔らかみもキープ。120(点)ということはないけど相変わらずいい」と小野調教師。ただ、前走のカペラS3着には納得がいかないようで、「消極的な競馬で消化不良。腹が立ったね。ここは改めて」と語気を強めていた。(夕刊フジ)

★根岸Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

閉じる