中央競馬:ニュース中央競馬

2017.1.12 13:45

【リレーコラム】関西競馬エイト

 昨年、暮れの阪神開催の最終週。8日目の1Rはアディラートが逃げてレコードで大差勝ち。続く2Rは前が残る展開のなか、マイブルーヘブンが最後方から大外一気の豪快な差し切りを決めたのだが、この2頭の共通点はルーラーシップ産駒で、芝からのダート替わり。現役時の実績からも芝中距離のイメージが強いが、万能タイプである父キングカメハメハのダートの対応力をしっかりと受け継いでいるのか…。

 そして9日目の3Rでもグランドディアマンがダートで未勝利戦V。この馬も芝からダートに路線変更後、レースぶりが良くなって勝ち上がった。

 当然、先週の京都競馬でもその点に注目していたが、3日間で新馬、未勝利のダートレースに出走したのはネオレジェンド1頭だけで結果は12着。しかし、この馬も実はダート替わりでいきなり2着の実績を持っている。

 冬場でダートの番組が増えるこの時期だが、芝で結果が出ていないルーラーシップ産駒のダート替わりを狙えば、好配当がゲットできるかも。

門口博光(かどぐち・ひろみつ) 関西エイト想定班 

前走・展開

本命~穴

馬単

プロフィル

高知県出身。1992年2月TMデビュー、栗東・想定班。高校野球と福岡ソフトバンクホークスの大ファン。名前で気づいてもらえると思うが、門田博光選手がきっかけでホークス一筋30年以上。

予想スタイル

レース内容重視のストロングスタイル(?)それに厩舎取材で得た情報や血統、馬場の傾向、展開などを絡め、本命から穴までメリハリのある予想を心がけている。