中央競馬:ニュース中央競馬

2017.1.10 20:01

【リレーコラム】週刊Gallop

 中央、地方合わせて史上最多のGI・10勝を挙げたホッコータルマエが昨年12月10日、競走馬登録を抹消された。管理していた西浦勝一調教師は「ホントにすごいとしか言いようがない馬だった」と愛馬を絶賛した。

 デビュー戦で勝ち馬から3秒1差の11着に惨敗した馬が、後に“前馬未到”の金字塔を打ち立てるとは「誰も想像できなかった」(西浦調教師)。「走るごとに成長し、ワクワクする気持ちをもたせてくれた。衰えは全く感じられなかったし、東京大賞典も馬がグンと良くなっていたから使いたかったよ」と悔やむ。それでも、「タルマエのおかげで厩舎も盛り上がったし、いろいろな人との縁もできた。『ありがとう』の言葉しかないね」。

 引退後は優駿スタリオンステーション(北海道新冠町)で種牡馬入りし、第二の“馬生”が始まった。2021年に定年となる西浦調教師は、産駒最初の世代のみ育てられる。「いい馬をつくって、後進たちに委ねたい。走らない馬を譲って、肩身の狭い思いをしたくないからね」と穏やかにほほえんだ。

小林政史(こばやし・まさし) 週刊Gallop記者(大阪) 

調教・取材

小穴

3連単・単勝

プロフィル

サンスポ整理部→文化報道部→レース部(公営)→整理部→レース部(中央競馬)→週刊Gallopで現在に至る。ニャンコ好き。

予想スタイル

調教と前走重視。特に下級条件では、追い切りで動いた馬を選択。前走好走した馬は、点数がアップする。馬券はレースに応じて変幻自在。