中央競馬:ニュース中央競馬

2017.1.8 15:47

【フェアリーS】伏兵ライジングリーズンが雨中の戦いを制す

フェアリーSは10番人気のライジングリーズンがV。外から脚を伸ばして見事に差し切った

フェアリーSは10番人気のライジングリーズンがV。外から脚を伸ばして見事に差し切った【拡大】

 1月8日の中山11Rで行われた第33回フェアリーステークス(3歳オープン、牝馬、GIII、芝・外1600メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3500万円)は、丸田恭介騎手騎乗の10番人気(美浦・奥村武厩舎)が快勝した。タイムは1分34秒7(良)。奥村武調教師は開業4年目で重賞初制覇を飾った。

 レースは雨中で行われた。ツヅクが逃げて、1番人気アエロリットが2番手を追走。大外16番枠だった2番人気キャスパリーグは後方に控える展開となった。中団にいたライジングリーズンは直線で外から脚を伸ばして、先に抜け出していたアエロリットをかわすと、3/4馬身差をつけてゴールを駆け抜けた。さらにクビ差の3着にはモリトシラユリ(7番人気)が入り、3連単は27万5620円の好配当となった。キャスパリーグは12着。

 ライジンリーズンは、父ブラックタイド、母ジョウノファミリー、母の父キングカメハメハという血統。北海道日高町・三城牧場の生産馬で、馬主は岡田牧雄氏。通算成績は3戦2勝。重賞初勝利。フェアリーSは奥村武調教師、丸田恭介騎手ともに初勝利。

 ◆丸田恭介騎手「今までで一番調教をできて、体調面も上がっていましたね。外枠で道中は外を回らないといけないから、自分のリズムを崩さず運べればと思っていました。縦長の展開もマッチしていました」

★8日中山11R「フェアリーS」の着順&払戻金はこちら

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」
  東西金杯Vで本紙好スタート!関東本紙予想2年連続で専門紙収支ランキング1位

関連

  • フェアリーSを制したライジングリーズン(桃帽)
  • ライジングリーズンでフェアリーSを制した丸田恭介騎手
  • ライジングリーズンでフェアリーSを制し、重賞初Vを飾った奥村武調教師(左)。右は丸田恭介騎手
  • フェアリーSを制したライジングリーズン