中央競馬:ニュース中央競馬

2017.1.3 18:23

【京都金杯】エアスピネルは坂路で馬なり12秒9

 昨年は皐月賞4着、ダービー4着、菊花賞3着とビッグタイトルに手が届かなかったエアスピネル(牡4歳、栗東・笹田和秀厩舎)だが、今年はマイル路線に矛先を向け、京都金杯(京都芝1600メートル、GIII)でGI獲りに向けて好発進を切る構えだ。

 1月3日は栗東坂路で軽めの調整。単走、馬なりで4ハロン56秒2-12秒9をマーク。序盤のゆったりしたペースから、外ラチ沿いを徐々に加速し、きっちりと後傾ラップを刻んで計算ずくのソフト仕上げながら状態の良さをアピールした。

 ◆笹田和秀調教師「気持ち良く走っているように見えた。先週までで態勢は整えているから、今朝は息が入る程度の調整。予定通りにきているよ」

★京都金杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載