中央競馬:ニュース中央競馬

2016.12.26 05:00

戸崎3年連続リーディング!制裁点ゼロは史上初の快挙

 25日で2016年のJRAの全日程が終了。熾烈(しれつ)な争いとなったリーディングの騎手部門は、自己最多の187勝を挙げた戸崎圭太騎手(36)=美・田島=がルメール騎手を1勝差で抑えて、3年連続3度目のリーディングジョッキーに輝いた。制裁点がゼロでのリーディング獲得は史上初の快挙だ。

 戸崎騎手は「これだけ最後までもつれてリーディングを取るのは初めてだったし、いい経験になりました。クリストフ(ルメール)やミルコ(デムーロ)が1年間参戦する中で、これだけ勝てたのは自信になる。来年もリーディングはもちろん、ひとつひとつのレースを大事に騎乗していきたい」と喜びを語った。

 JRA賞の騎手部門の残る2部門は、最高勝率、最多賞金獲得ともにルメール騎手となった。

 リーディングトレーナーは57勝を挙げた矢作芳人調教師(55)=栗東=が2年ぶり2度目の獲得となった。

 なお、JRA賞調教師部門、MVJなどは、地方と海外の指定レースの成績を含むため2017年1月3日に発表される。

★年末の大井ダート決戦「東京大賞典」特集! 大型馬柱もあります