中央競馬:ニュース中央競馬

2016.12.25 15:31

【有馬記念】サトノダイヤモンドが戴冠!キタサンは2着(1/2ページ)

粘るキタサンブラックを捕らえてGI2勝目を挙げたサトノダイヤモンド(手前)

粘るキタサンブラックを捕らえてGI2勝目を挙げたサトノダイヤモンド(手前)【拡大】

 12月25日の中山10Rで行われた第61回有馬記念(3歳以上オープン、GI、芝・内2500メートル、定量、16頭立て、1着賞金=3億円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気サトノダイヤモンド(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)が制し、菊花賞に次ぐGI・2勝目を挙げた。タイムは2分32秒6(良)。

 レースはマルターズアポジーが逃げ、2番人気のキタサンブラックは2番手。さらに昨年の覇者で3番人気のゴールドアクターが続いた。サトノダイヤモンドは中団から徐々にポジションをあげて向こう正面では3、4番手へ。最後の直線入り口で最内からキタサンブラックが先頭に立ち、その外をゴールドアクターが追走したが、サトノダイヤモンドがグイグイと脚を伸ばしてゴールドアクターをかわすと、ゴール前でクビ差でキタサンブラックを差した。ゴールドアクターはさらに1/2馬身差の3着。

【続きを読む】

関連

  • 有馬記念を制したサトノダイヤモンド
  • 有馬記念を制したサトノダイヤモンド(中央、緑帽)
  • 有馬記念を制したサトノダイヤモンド(緑帽)
  • サトノダイヤモンドで有馬記念を制しガッツポーズを決めるクリストフ・ルメール騎手
  • サトノダイヤモンドで有馬記念を制し、馬上で突っ伏すクリストフ・ルメール騎手
  • サトノダイヤモンドで有馬記念を制しガッツポーズを決めるクリストフ・ルメール騎手(中央)
  • 有馬記念を制したサトノダイヤモンド
  • 有馬記念を制したサトノダイヤモンド
  • サトノダイヤモンドで有馬記念を制した、里見治オーナー(右)と池江泰寿調教師(左)、クリストフ・ルメール騎手
  • サトノダイヤモンドで有馬記念を制した、里見治オーナー(右)とクリストフ・ルメール騎手
  • サトノダイヤモンドで有馬記念を制し、プレゼンターの田中将大(左)と談笑するクリストフ・ルメール騎手
  • サトノダイヤモンドで有馬記念を制し、プレゼンターの田中将大(左)とポーズを決めるクリストフ・ルメール騎手
  • 有馬記念を制し、口取り式でサトノダイヤモンドをねぎらうクリストフ・ルメール騎手
  • サトノダイヤモンドで有馬記念を制し、勝利騎手インタビューで感極まるクリストフ・ルメール騎手
  • 有馬記念後の検量室で健闘を称え合うクリストフ・ルメール騎手と戸崎圭太騎手
  • 有馬記念でクビ差2着に惜敗し、GI連勝はならなかったキタサンブラック
  • 3着に敗れ、有馬記念連覇を逃したゴールドアクター