中央競馬:ニュース中央競馬

2016.12.22 05:04

【阪神C】ロサギガンティア「順調」12秒8

 前年覇者のロサギガンティアは、Wコースで3頭併せの最後方から進み、直線で内に入って、僚馬2頭と横並びでフィニッシュ。馬なりで4ハロン54秒5-12秒8だった。「順調に仕上がった。昨年勝ったから1400メートルはいいだろうし、この時期も合うのかもしれない。NHKマイルC(4着)ではミッキーアイルと差はほとんどなかったし、あの頃よりウチの馬も成長しているから」と藤沢和調教師は連覇を期待していた。

★「有馬記念」大特集!馬柱&調教タイム&レース前談話などを無料公開