中央競馬:ニュース中央競馬

2016.12.4 15:37

【チャンピオンズC】サウンドトゥルーが直線一気でV!

直線一気の末脚で差し切り勝ちしたサウンドトゥルー。JRA・GI初制覇を果たした

直線一気の末脚で差し切り勝ちしたサウンドトゥルー。JRA・GI初制覇を果たした【拡大】

 下半期のダート王はサウンドトゥルー! 12月4日の中京11Rで行われた第17回チャンピオンズカップ(3歳以上オープン、GI、ダート1800メートル、定量、15頭立て、1着賞金=9700万円)は、大野拓弥騎手騎乗の6番人気サウンドトゥルー(セン6歳、美浦・高木登厩舎)が快勝。昨年3着の雪辱をするとともに、JRA・GI初制覇を果たした。タイムは1分50秒1(良)。

 レースはモンドクラッセがハナへ。中団を進んでいたアウォーディーが直線で先頭に立つと、2、3番手にいたアスカノロマンが追随した。しかし、道中は後方2番手を追走していたサウンドトゥルーが4コーナーを過ぎて外に持ち出されると、豪脚で一気の差し切り勝ちを収めた。

 ダート転向後は6戦全勝で1番人気に支持されていたアウォーディーが、クビ差の2着。さらに1/2馬身差の3着は10番人気アスカノロマンで、2番人気のゴールドドリームは12着、3番人気コパノリッキーは13着に終わった。

 サウンドトゥルーは、父フレンチデピュティ、母キョウエイトルース、母の父フジキセキという血統。北海道新ひだか町・岡田スタツドの生産馬で、馬主は山田弘氏。通算成績は38戦9勝(うち地方8戦2勝)。重賞は2015年日本テレビ盃・交流GII、東京大賞典・交流GIに次いで3勝目。チャンピオンズCは高木登調教師、大野拓弥騎手ともに初勝利。

 ◆大野拓弥騎手「はまりましたね。リズムよく運ぶことだけを考えていました。3~4コーナーは内を回ろうと思っていましたし、直線で手前を替えてからゴーサインを出しました。残り100メートルで前の馬の脚が鈍っていましたね。ずっと乗せてもらっている馬で勝ててよかったです。

★4日中京11R「チャンピオンズカップ」の着順&払戻金はこちら

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」
  中山・阪神・中京の全36レース完全掲載!

関連

  • 直線一気の末脚で差し切り勝ちしたサウンドトゥルー。JRA・GI初制覇を果たした
  • チャンピオンズカップを制したサウンドトゥルー。鞍上は大野拓弥騎手
  • チャンピオンズカップを制したサウンドトゥルー。鞍上は大野拓弥騎手
  • チャンピオンズカップを制したサウンドトゥルー
  • チャンピオンズカップの直線の攻防
  • サウンドトゥルーの勝利を喜ぶ大野拓弥騎手(左)と高木登調教師
  • サウンドトゥルーを勝利に導いた大野拓弥騎手(右)とプレゼンターの佐々木希