中央競馬:ニュース中央競馬

2016.11.28 21:01

【レース展望】チャンピオンズC(2/4ページ)

ダートレースに転身後、連勝街道をひた走るアウォーディー。勢いに乗りJRA・GI初制覇を目指す

ダートレースに転身後、連勝街道をひた走るアウォーディー。勢いに乗りJRA・GI初制覇を目指す【拡大】

 JBCクラシックで2着だったホッコータルマエ(栗東・西浦勝一厩舎、牡7歳)は、一昨年の覇者で、中央、交流合わせてダートGI・10勝を誇る歴戦の猛者だ。前走は川崎の2周目の3コーナーで早々と先頭に躍り出る積極策。アウォーディーには敗れたが、その差はわずかに0秒1で、マークが薄くなりそうな今回は逆転があっても不思議はない。中央でのラストランでGI・11勝目を飾り、12月29日に大井競馬場で行われるラストランの交流GI・東京大賞典(ダート2000メートル)へ堂々と乗り込みたい。

 コパノリッキー(栗東・村山明厩舎、牡6歳)はこのレースでは一昨年12着、昨年は7着で、ともに1番人気に応えられなかった。前走のJBCクラシックは、逃げたホッコータルマエ、早めに仕掛けたアウォーディーとの競り合いに敗れ、後続のサウンドトゥルー、ノンコノユメにも先着を許す5着だった。初の川崎で、適距離より長かった2100メートル、それにスムーズな走りができかったことが敗因だろう。

 今年は、かしわ記念、帝王賞、マイルチャンピオンシップ南部杯を勝ち、ダートGIの勝利数を8まで伸ばしており、自分のリズムでレースができれば、当然V争いの1頭。“3度目の正直”で、このレース初勝利を狙う。なお、今回は3年10カ月ぶりに、クリストフ・ルメール騎手とのコンビ復活となる。

 モーニン(栗東・石坂正厩舎、牡4歳)は、今年のフェブラリーS優勝馬。前走の武蔵野Sは59キロの斤量と、重馬場で前が止まらない流れに泣き、7着と力を出し切れなかった。戸崎圭太騎手と石坂正調教師はレース後、すぐにこの舞台でのリベンジを宣言。JRA・ダートGI完全制覇を狙う。

【続きを読む】