中央競馬:ニュース中央競馬

2016.11.17 05:01

上半期の古馬中長距離GI3連勝で褒賞金2億円(2/2ページ)

★大阪杯、ホープフルSの賞金増額

 GII産経大阪杯からGIに昇格する大阪杯は、1着賞金が1億2000万円に。最高額はジャパンC、有馬記念の3億円で、7番目の高額レースとなった。また、現在GI格付け申請中のホープフルSも300万円増の7000万円となり、朝日杯FSと並んで2歳戦最高額となる。

★春の古馬中長距離GIに褒賞金

 同一年に大阪杯、天皇賞・春、宝塚記念をすべて優勝した馬にボーナスを交付。内国産馬が2億円、外国産馬が1億円。現在実施されている、天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念の同一年全制覇の褒賞金と同額。

★ヤングジョッキーズシリーズ開催

 中央・地方の見習い騎手が全国の予選をへて、年末の大井、中山両競馬場での「ファイナルラウンド」でチャンピオンを決める。詳細は後日決定。

★札幌・函館ダ1700メートルの出走可能頭数が1頭増

 札幌、函館のダ1700メートルの出走可能頭数が従来の13頭から14頭に増える。

★パトロールビデオを全レース公開

 JRAホームページ上で裁決結果や制裁内容の公表に加え、新たにパトロールビデオを全レース公開する。

★予算

 来年度の予算案は2兆7982億6663万4000円で、今年との比較で106・9%となり、5年連続で増額される。