中央競馬:ニュース中央競馬

2016.11.7 15:26

【エリザベス女王杯】レース展望

昨年のエリザベス女王杯を制したマリアライト

昨年のエリザベス女王杯を制したマリアライト【拡大】

 今週、GIシリーズが再開。12月25日の有馬記念まで、7週続けて目を離せない戦いが繰り広げられる。まずはその第1弾、日曜京都メインのエリザベス女王杯(芝・外2200メートル)だ。フルゲート18頭に満たない16頭のエントリーだが、歴戦の古馬と初のビッグタイトルを目指す実力確かな3歳馬が顔をそろえた。今年の牝馬頂上決戦は、どんなドラマが待っているのだろうか。

 主役は昨年のこのレースでGI初勝利を挙げたマリアライト(美浦・久保田貴士厩舎、5歳)だ。続く有馬記念4着で、牡馬の一線級と互角に渡り合えることを証明。今年は宝塚記念で昨春の2冠馬ドゥラメンテ、菊花賞馬キタサンブラック、天皇賞馬ラブリーデイなど並み居るスターホースを退け、GI・2勝目を飾った。前走の産経賞オールカマーは5着に敗れたが、昨年は同レース5着をステップにV。宝塚記念の勝利も2カ月ぶりだった目黒記念2着後だった。休み明け2戦目で確実にパフォーマンスを上げる典型的な叩き良化型で、前走の結果は悲観するものではない。1週前追い切りは、美浦ウッドコースでラスト1ハロン12秒2の切れ味を見せ、オープン馬にきっちり1馬身先着を果たしており、連覇へ向け調整は順調だ。

 打倒マリアライトの一番手は、昨年の最優秀3歳牝馬ミッキークイーン(栗東・池江泰寿厩舎、4歳)。オークス、秋華賞を僅差で制したように、大舞台での勝負強さがセールスポイントだ。今年の2戦はいずれも2着に敗れているが、1600メートルでは追走に忙しかったことが敗因だろう。ヴィクトリアマイル以来、約6カ月ぶりとなるが、休み明けでも力を発揮できるタイプ。得意の中距離ならGI・3勝目のチャンスだ。

 ミッキークイーンと秋華賞でクビ差の接戦を演じたクイーンズリング(栗東・吉村圭司厩舎、4歳)も争覇圏の1頭だ。昨年のエリザベス女王杯は8着に敗れたが、勝ったマリアライトとは0秒3差だった。しかもたび重なる不利を受けてのもので、1分56秒9のレコード決着だった秋華賞の直後のレースであったことも考え併せれば、大崩れしなかったことは評価されるべきだろう。今年は2月の京都牝馬S、前走の府中牝馬Sと重賞2勝。地力強化は明らかだ。6度目のGIで悲願の初制覇を成し遂げても不思議はない。

 昨年はタイム差なしの3着だったタッチングスピーチ(栗東・石坂正厩舎、4歳)の潜在能力も侮れない。ここ3戦は精彩を欠いているが、4コーナー16番手から直線一気で突き抜けた昨年のローズSのように、末脚の破壊力はGIレベル。名手ライアン・ムーア騎手とのコンビは、ライバルたちの脅威となるだろう。

 サンケイスポーツ賞フローラS、ターコイズSで重賞2勝の実績を持つシングウィズジョイ(栗東・友道康夫厩舎、4歳)も要注目の1頭だ。鞍上は、6日の東京競馬で8勝を挙げ、武豊騎手と並ぶJRAタイ記録を達成したクリストフ・ルメール騎手。また、同馬が所属する友道厩舎も今年絶好調で、マカヒキのダービー、ヴィブロスの秋華賞、先週のアルゼンチン共和国杯のシュヴァルグランなど、過去最多の重賞6勝をマークしている。騎手と厩舎の勢いは無視はできない。先行策から持ち前の粘りを発揮できれば、あっと言わせるシーンもありそうだ。

 3歳馬は2頭が出走を予定。パールコード(栗東・中内田充正厩舎)は、春はサンケイスポーツ賞フローラS2着でオークスの優先出走権を獲得するも、馬体減が響いて本番の出走を断念した。しかし、ひと夏を越して心身ともにたくましさを増し、紫苑S5着をステップに挑んだ秋華賞は、一旦は先頭に立つ惜しい2着。GI初挑戦で堂々たる内容を見せた。キャリアは6戦と浅いが、そのぶん、まだまだ成長が見込める逸材。今回はどんな競馬を見せてくれるか、興味は尽きない。

 もう1頭の3歳馬デンコウアンジュ(栗東・荒川義之厩舎)には大駆けの魅力がある。昨年のアルテミスSで、のちの2歳女王でNHKマイルCも制したメジャーエンブレムを豪快に差し切った実績の持ち主。秋華賞は4コーナー後方2番手から、直線で大外を通って追い込み、勝ち馬から0秒7差の9着だった。外回り、距離延長で一変の期待が高まる。

 他にも、中山牝馬Sでルージュバックを破ったシュンドルボン(美浦・矢野英一厩舎、5歳)や、、昨年の秋華賞3着馬で京都巧者のマキシマムドパリ(栗東・松元茂樹厩舎、4歳)、着実に地力を強化しているヒルノマテーラ(栗東・昆貢厩舎、5歳)、戦歴にムラがあるものの潜在能力は高いシャルール(栗東・松永幹夫厩舎、4歳)など、伏兵陣も上位進出のチャンスをうかがう。

★エリザベス女王杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載