中央競馬:ニュース中央競馬

2016.11.7 05:03

【AR共和国杯】レースを終えて…関係者談話

 ◆北村宏騎手(フェイムゲーム5着) 「ダッシュがつかず後ろから。4コーナーで置かれたが、それでも最後は伸びてきた」

 ◆蛯名騎手(レコンダイト6着) 「少しずつだけど、(いい頃の)雰囲気が戻りつつあるね。まだ良くなる余地はある」

 ◆田辺騎手(クリールカイザー7着) 「楽に行けたが、最後は手応えが残っていなかった」

 ◆柴山騎手(ワンアンドオンリー8着) 「ペースが遅くてきつかった。跳びが大きいので、(上がり勝負の)ヨーイドンの形は厳しい」

 ◆田中勝騎手(フェスティヴイェル9着) 「見せ場を作れたけどね。これから力をつけてくれば…」

 ◆石川騎手(プレストウィック10着) 「1コーナーで他馬にぶつけられて、馬が力んでしまった」

 ◆シュタルケ騎手(ムスカテール11着) 「ペースが遅くて引っ掛かってしまった」

 ◆吉田豊騎手(トレジャーマップ12着) 「もう少しペースが流れてほしかった」

 ◆松岡騎手(ショウナンバッハ13着) 「気分転換の意味で、先行策で違う競馬をさせてみた」

 ◆柴田大騎手(マイネルメダリスト14着) 「馬にやる気はあったが、ヨーイドンの競馬はつらい」

★6日東京11R「アルゼンチン共和国杯」の着順&払戻金はこちら