中央競馬:ニュース中央競馬

2016.10.14 05:07

【秋華賞】アヴァンセ3馬身先着!陣営「素晴らしい」

レッドアヴァンセ(左)=栗東トレセン(撮影・林俊志)

レッドアヴァンセ(左)=栗東トレセン(撮影・林俊志)【拡大】

 レッドアヴァンセが坂路で抜群の動きを見せた。アードラー(2歳500万下)との併せ馬。相手に合わせる形で直線に向くと、ラスト1ハロンで余裕十分にパス。最後は3馬身の先着を果たした。今の時計がかかる馬場で、4ハロン53秒4-12秒6のタイムは上々だ。

 「素晴らしいのひと言です。体を維持できているので、予定通りにしっかりとやれました。本当にいい状態です」。しびれるような手応えに、調整役を務めた松若騎手(実戦は武豊騎手)が声を弾ませた。

 前走のローズSは8着に敗れたが、馬体重は452キロとオークス(7着)から18キロ増えた。夏を越しての成長を示し、春のひ弱さは解消された。

 「使った上積みはある。京都コースも合うからね」と音無調教師は前向きだ。京都芝コースは3戦2勝、2着1回と好相性。開幕2週目で良好な状態の芝なら、自慢の末脚がさく裂しても不思議ではない。

★秋華賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載