中央競馬:ニュース中央競馬

2016.10.11 17:09

【府中牝馬S】レース展望(3/3ページ)

サンスポ杯阪神牝馬S優勝など今年は逃げの戦法で結果を出しているスマートレイアー。休み明けでも力を出せるだけに好勝負は必至だ

サンスポ杯阪神牝馬S優勝など今年は逃げの戦法で結果を出しているスマートレイアー。休み明けでも力を出せるだけに好勝負は必至だ【拡大】

 昨年の桜花賞4着、秋華賞2着のクイーンズリング(栗東・吉村圭司厩舎、4歳)も上位争いが可能な力量の持ち主。京都牝馬Sではクビ差でマジックタイムの追撃を振り切り、重賞初勝利をマークした。オークス9着、ヴィクトリアマイル8着と左回りで結果が出ていない点が気掛かりだが、「決して左回りが合わないというわけではない」と吉村調教師。3度目の東京コースで能力を発揮できれば、チャンスは十分にある。

 近9走で8連対の上がり馬シャルール(栗東・松永幹夫厩舎、4歳)にも注目だ。ヴィクトリアマイルは18着だったが、前走のクイーンSでは、タイム差なしの2着と巻き返した。芝1800メートルは【3・3・0・1】と最も得意とする距離。5度目の重賞挑戦で初タイトルを狙っている。

 他にも、前走の京成杯オータムHでロードクエストと0秒1差の2着だったカフェブリリアント(美浦・堀宣行厩舎、6歳)や、1000万下、1600万下と牡馬を相手に連勝中の上がり馬アスカビレン(栗東・中尾秀正厩舎、4歳)も楽しみな存在。戦歴にむらがあるものの、昨春のサンスポ賞フローラSを制しているシングウィズジョイ(栗東・友道康夫厩舎、4歳)もコース実績があるだけに軽視は禁物だ。

★府中牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載