中央競馬:ニュース中央競馬

2016.8.29 17:20

【新潟記念】レース展望(3/4ページ)

シリーズ第1戦の七夕賞を制したアルバートドック。鞍上戸崎騎手も絶好調で、夏競馬のラストも飾れるか注目だ

シリーズ第1戦の七夕賞を制したアルバートドック。鞍上戸崎騎手も絶好調で、夏競馬のラストも飾れるか注目だ【拡大】

 チャンスがあるのは古豪ダコール(栗東・中竹和也厩舎、牡8歳)も同様だ。七夕賞2着、小倉記念4着と衰えのない走りを披露。ハンデも据え置きの58キロで、鞍上にはサマージョッキーズシリーズで2位につけているミルコ・デムーロ騎手を迎える。中竹厩舎にとっては、前出のブランボヌールに続く2週連続の重賞Vがかかる一戦だ。ここまでに紹介した4頭は、勝てば自動的にサマー2000シリーズ優勝が決まる。

 小倉記念2着のベルーフ(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)は復調ムード。前走は大きく外に振られるロスがありながらもゴール前は猛追しており、底力の高さを印象付けた。新コンビの田辺裕信騎手がどんな騎乗をするか興味深い。ハンデは57キロで、この馬も勝てばシリーズV(同点の可能性あり)となる。

【続きを読む】