【キーンランドC】ソルヴェイグ重賞連勝へ12秒7

2016.8.25 04:04

 12番人気だった函館スプリントSでレコード勝ちしたソルヴェイグは、田中博騎手が騎乗(レースは丸田騎手)して芝コースで単走。ゆったりした動き出しから、徐々に加速して馬なりで5ハロン67秒2、3ハロン37秒4-12秒7でフィニッシュした。

 鮫島調教師は「函館で仕上げてきたので、息もできている」と納得の表情。「前走は大外枠からスムーズな競馬で、スピードが生きましたね。相手は強いし、斤量も2キロ増えますが、今回の結果次第でスプリンターズSへ」と、重賞連勝に色気十分の様子だった。

★キーンランドCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

閉じる