中央競馬:ニュース中央競馬

2016.8.11 05:03

【エルムS】ブライトライン、好感触12秒6

 プロキオンS(4着)をひと叩きしたブライトラインは、札幌ダートで5ハロン71秒1、3ハロン39秒7-12秒6をマーク。騎乗した福永騎手は「年齢を重ねて(気性も)丸くなって、こちらの指示を待てるようになった。うまく持ち味を生かしたい」と好感触を伝える。

 今夏、ソルヴェイグ(函館スプリントS)、マコトブリジャール(クイーンS)と北海道で重賞2勝している鮫島調教師は「時計は少し遅かったが、栗東で乗り込んできたので体はできている」と仕上がりのよさを強調し、「この仕事には流れがあるし、今のいい流れに乗っていきたい」と北海道重賞3勝目に意欲を見せた。

★エルムSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載