中央競馬:ニュース中央競馬

2016.8.3 11:50

【レパードS】ブレイブ2馬身先着 武豊逃げ宣言

栗東坂路で武豊騎手を背に追い切られたケイティブレイブ

栗東坂路で武豊騎手を背に追い切られたケイティブレイブ【拡大】

 ケイティブレイブは交流GIジャパンダートダービーで逃げて2着。キョウエイギアには完敗だったが、1番人気の3着ゴールドドリームを寄せつけなかったスピードは一級品だった。

 「逃げるほうが持ち味は出る。前走は向正面あたりまで速いペースだったが、よく頑張ってくれた。本当に精神面が強いね」と、目野調教師も高評価している。

 栗東坂路で武豊騎手が騎乗し、ナムラムサシを追いかける流れ。14秒5-13秒3-12秒1と楽な感じでペースを上げて、ラスト1Fも馬なりのままスーッと12秒7。一杯に追われたムサシをあっさり2馬身突き放した。

 ユタカの感触も文句なく、「先週も併せ馬でやったし、馬なりでいい動き。順調です。おとなしい馬でストレスがかからない。前走も3角でプレッシャーをかけられながら、よく粘った。もまれる競馬はしていないので逃げる形がいいでしょうね」と逃げ宣言だ。地方交流はGII兵庫CSで7馬身差圧勝。今度は中央GでVの大チャンスだ。(夕刊フジ)

★レパードSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載