中央競馬:ニュース中央競馬

2016.7.21 11:38

【中京記念】タガノエスプレッソ坂路快走

タガノエスプレッソ

タガノエスプレッソ【拡大】

 タガノエスプレッソは降級した前走で楽に逃げ切り、即OPに戻ってきた。3F33秒6の切れ味も優秀で、「もともとマイルが合うと思っていたし、掛かって逃げたわけではない。折り合いはつき、上がりもしっかりしていた」と五十嵐調教師。デイリー杯2歳S以来の重賞制覇へ、絶好のムードで向かう。

 最終チェックは栗東坂路で単走。スムーズに14秒4-13秒1-12秒3と加速して、ラスト1Fもやや余裕を残しながら外ラチ沿いを真っ直ぐに駆け上がり、12秒8でまとめた。「あまりテンションを上げたくなかったので、少し余裕を残す感じでやった。息の入りもよかったし、前走をひと叩きしての上積みもありそう」とトレーナー。

 弥生賞3着はあるものの、3歳時に歩んだ3冠路線は距離が長かった。「カッカするところがなくなり、精神的に大人になったと思うし、馬体面も見た目は変わった感じはしないが、実が入ってきたと思う」と本格化を迎えてマイルに戻ったこの夏、再び輝いて不思議はないだろう。(夕刊フジ)

★中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載