中央競馬:ニュース中央競馬

2016.7.21 14:56

【本命穴馬】しの「充実ぶり目立つピークトラム」(1/3ページ)

しのは充実一途のピークトラムを推奨。橋口調教師も手応えを感じているようだ

しのは充実一途のピークトラムを推奨。橋口調教師も手応えを感じているようだ【拡大】

★中京記念 函館2歳S

しの 今週も一筋縄ではいかなそう。トップハンデはスマートオリオンの57・5キロ。去年の覇者とはいえ、その後4戦は2ケタ着順なのに。

鉄平 ただ、陣営はダイエット作戦を敢行して10キロ減ったらしい。「今は具合がいい。暑い時季は合う」と、水出助手は巻き返しムードだ。

大王 ボクはダッシングブレイズ。京王杯SCは3F32秒9で追い込んだけど、7Fは微妙に短かった。マイルで全5勝。末脚を生かすタイプだから中京もいいね。

水谷 吉村さんは「荒れた馬場は得意。今の中京は合う」やと。

しの ただ、荒れてる割に時計も速い。充実ぶりが目立つピークトラムは時計面も上位ですね。

水谷 橋口調教師は「以前とはトモの張りが違う。腰がしっかりして走れるようになってきた。あまりに強い競馬をしたら秋の大きいところを意識しないと」やて。

鉄平 美浦の注目はNHKマイルC5着のトウショウドラフタ。その前走は1週前にWコースで6F78秒7、当週にPコースで5F64秒9。負荷をかけすぎて、当日の返し馬でテンションが上がったらしい。ソフト路線の今回は、「今のところテンションは上がっていない」と山口助手。

【続きを読む】