中央競馬:ニュース中央競馬

2016.7.14 11:49

【函館記念】ネオリアリズム躍動 ティータン手応え◎

ティータン騎手を背に函館の芝コースで追い切られたネオリアリズム(左)

ティータン騎手を背に函館の芝コースで追い切られたネオリアリズム(左)【拡大】

 小倉大賞典3着以来となるネオリアリズムが、香港からの助っ人を背に躍動した。

 初来日したティータン騎手が騎乗。じっくりウオーミングアップしてから函館の芝コースに入った。5Fからホーリーフルーツを1馬身追走し、4角で内から馬体を並びかけてそのまま併入。手綱はギュッと引き絞られたままで、追えば弾けそうな絶好の手応えを見せた。久々ぶりでも太め感はなく、好仕上がりだ。

 「スムーズに折り合えたし、直線でもしっかり手前を替えてバランス良く走っていた。男らしい力強さがある。当日もリラックスして走れればいい競馬ができそう」と、目下香港リーディング3位の腕達者はニヤリ。

 「函館の芝は映像で見た印象よりも軽かった。自分の長所は最後までしっかり追えるところ。最初の週からチャンスのある馬に乗れて楽しみ」と大暴れを約束していた。(夕刊フジ)

★函館記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
★【函館水戸さんぽ】ツクバアズマオー、イカすね~(14日掲載)
★【函館水戸さんぽ】洋芝に強いトゥインクル&函館の水合うフィズ(13日掲載)