中央競馬:ニュース中央競馬

2016.7.13 05:04

上場2年目オルフェーヴル産駒3頭が1億超え

ホエールキャプチャ2016=苫小牧市・ノーザンホースパーク(撮影・浅野一行)

ホエールキャプチャ2016=苫小牧市・ノーザンホースパーク(撮影・浅野一行)【拡大】

 セール上場2年目のオルフェーヴル産駒から初の1億超えが誕生した。「ホエールキャプチャの2016」が1億8360万円、「プリティカリーナの2016」が1億800万円、「シャムロッカーの2016」が1億152万円でそれぞれ落札された。

 特にホエールキャプチャの子のセリが白熱。サンケイスポーツの予想コラム『相馬眼』でおなじみの岡田繁幸氏=ビッグレッドファームグループ代表=が激しい応酬の末、競り落とした。同ファームを代表して岡田紘和氏は「柔らかくてバランスが良く、筋力もあって運動神経もいい」と絶賛した。

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」