中央競馬:ニュース中央競馬

2016.7.9 09:58

香港の年度代表馬はワーザー

4月24日のクイーンエリザベス2世Cを快勝したワーザーが香港の2015/16シーズンの年度代表馬に! ラブリーデイが日本馬最先着の4着だった。

4月24日のクイーンエリザベス2世Cを快勝したワーザーが香港の2015/16シーズンの年度代表馬に! ラブリーデイが日本馬最先着の4着だった。【拡大】

 7月8日に香港の年度代表馬表彰『Champion Awards』のセレモニーが行われ、2015/16シーズンの年度代表馬にワーザー(セン4歳、J.ムーア厩舎 ※年齢は現地表記)が選出された。ワーザーはクイーンエリザベス2世カップ(GI、芝2000メートル)の勝ち馬で、香港のローカルGI・香港ダービー(芝2000メートル)にも優勝している。クイーンエリザベス2世カップでは日本のラブリーデイ、ヌーヴォレコルト、サトノクラウンをはじめ、アイルランド、南アフリカ、オーストラリアからの遠征馬を破り、ロンジンワールドベストホースランキングでモーリスやポストポーンド、ナイキストと並ぶ124ポンドで世界4位タイの評価を受けた。ワーザーは年度代表馬(Horse of the Year)、最も人気のある馬(Most Popular Horse of the Year)、最優秀中距離馬(Champion Middle-Distance Horse)の3部門を受賞した。

 最優秀スプリンターは暮れの香港スプリント(GI、芝1200メートル)の優勝馬ペニアフォビア(セン5歳、A.クルーズ厩舎)。最優秀マイラーは香港クラシックマイル(芝1600メートル)とクラシックC(芝1800メートル)の香港の2冠を制したサンジュエリー(セン4歳、J.サイズ厩舎)。最優秀ステイヤーはチャンピオンズ&チャターC(GI、芝2400メートル)を勝ったブレイジングスピード(セン7歳、A.クルーズ厩舎)がそれぞれ受賞した。

 騎手および調教師の表彰は7月10日のシャティン開催の最終日に発表される。

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」