中央競馬:ニュース中央競馬

2016.7.6 05:02

【沢田康文の欧州リポート】稀代の天才ジョッキー51歳ファロンうつ病で引退(1/2ページ)

2014年の英2000ギニーをナイトオブサンダーで制したファロン騎手。彼にとって最後のGI優勝だった

2014年の英2000ギニーをナイトオブサンダーで制したファロン騎手。彼にとって最後のGI優勝だった【拡大】

 ヨーロッパを代表する名手キーレン・ファロン騎手(51)がうつ病のため、シーズン半ばにして現役を引退。衝撃的なニュースを欧州のメディアが一斉に報じた。今シーズンはアイルランドのマイケル・オキャラハン厩舎の主戦として騎乗していたファロンだが、悪化したうつ病の治療中のため、引退発表はアイリッシュ・ターフクラブの担当医師が代弁する形によって行われた。

 「指先だけで馬を操る」と称された稀代の天才ジョッキーで、英国の首位騎手を6度獲得。英ダービー3勝をはじめ、英愛のクラシックを22度も制した。凱旋門賞2勝など欧米の大レースでも活躍した。一方で暴力事件や不倫、アルコール依存、八百長疑惑、コカイン使用での騎乗停止処分などトラブルも数知れず、そのキャリアは栄光とスキャンダルに満ちていた。

【続きを読む】