中央競馬:ニュース中央競馬

2016.6.30 05:04

ゴールドアクター馬主・居城オーナー死去、90歳

 昨年の有馬記念を制したゴールドアクター(美・中川、牡5)のオーナーである居城要(いしろ・かなめ)氏が18日、老衰のため茨城県牛久市内の病院で死去した。90歳。葬儀・告別式は近親者で済ませた。

 居城飼料店株式会社の会長を務めた居城氏は、北海道新冠町・北勝ファームの代表でもあるオーナーブリーダー。『ゴールド』の冠名で知られ、競走馬を持って50余年という大オーナーだった。昨年の有馬記念でGI初制覇を果たした。

 ◆ゴールドアクターを管理する中川調教師 「昔ながらの面倒見のいいオーナーでしたね。50年以上馬主をやられてきた方ですし、最後に有馬記念を勝てて良かった。ゴールドアクターは産経賞オールカマー、ジャパンC、有馬記念を予定しているので、秋にまたいい報告をしたいですね」