中央競馬:ニュース中央競馬

2016.6.18 16:11

エイシンヒカリは秋の天皇賞から香港C 来春種牡馬入り

 6月15日の英GIプリンスオブウェールズSで6着に敗れたエイシンヒカリ(栗東・坂口正則厩舎、牡5歳)は、凱旋門賞(10月2日、フランス・シャンティー競馬場、GI、芝2400メートル)への追加登録は行わず、天皇賞・秋(10月30日、東京競馬場、GI、芝2000メートル)に直行する。暮れは香港C(12月11日、香港・シャティン競馬場、GI、芝2000メートル)で連覇を狙い、年内一杯で現役を引退して種牡馬入りする予定。

 18日に阪神競馬場で坂口調教師が「相手が強かったし、馬場も悪すぎた。馬が変わりなければ次は天皇賞・秋を使って、年末は香港に行くことになると思う。年内で終わりの予定です」と話した。

 エイシンヒカリは6月24日に帰国予定。輸入検疫のため千葉県白井市にあるJRA競馬学校に滞在した後、岡山県のエイシンステーブルに移動して着地検査を受けて秋に備える。

★エイシンヒカリの競走成績はこちら