中央競馬:ニュース中央競馬

2016.4.24 15:52

【フローラS】チェッキーノが堂々の重賞初V(1/2ページ)

直線で鋭く伸びて快勝したチェッキーノ。3連勝で重賞初制覇を飾った

直線で鋭く伸びて快勝したチェッキーノ。3連勝で重賞初制覇を飾った【拡大】

 4月24日の東京11Rで行われた第51回サンケイスポーツ賞フローラS(3歳オープン、牝馬、GII、芝2000メートル、18頭立て、1着賞金=5200万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の3番人気チェッキーノ(美浦・藤沢和雄厩舎)が中団やや後方から直線で鋭く伸び、2着の2番人気パールコードに3馬身差をつけて快勝。藤沢和雄調教師にとってJRA通算1300勝目のメモリアルVとなった。タイムは1分59秒7(良)で、2014年にサングレアルが記録した2分0秒0(良)を0秒3更新するレースレコード。

 3着に入った13番人気アウェイクまでの上位3頭は、オークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権を獲得。1番人気ビッシュは5着に終わった。 

【続きを読む】

関連

  • 直線で鋭く伸びて快勝したチェッキーノ
  • サンケイスポーツ賞フローラステークスの直線の攻防
  • チェッキーノでJRA通算1300勝を達成した藤沢和雄調教師(右)